パッケージに使った
メガネのトラッド系イギリス男(の写真)にダメ出しされたので、
メガネなし、ヒゲなし、の写真を延々と2時間半探してました。

 

男は顔じゃない!
メガネだろ!!

 

とハードボイルドに信じているので
ダメだししたヤツ(クライアント様)バカだ....。と
自分のラフに書かれた、
「メガネ目立ちすぎナシの赤字と
ヒゲなしツルツルの青字(こっちはどうでもいい)
に呆然です。

 

しかも、日本人が大好きな
ヨーロッパ白人系の男子は、ワイルドなヒゲが流行っており、
さらに、なぜか、上半身脱いでてムキムキが多く。

吐き気を堪えながら、目を酷使しての午前中。
なんの苦行なんですか。

長年鍛えられた、嗅覚により、まあまあの写真を探し出し
キリヌキをしていたんですが、ベジェがやたらと力が入った箇所は
まつげでした。
ちなみに、人間を切り抜くのが一番スキです。

とモクモクと金髪の髪を抜きながら、
デザイナーカフェがあったら、
今まで切り抜いた物で一番面白いものを聞いてみたいなーと考えてました。

なんだろうなあ。